queridos musicos de Santiago del Estero




Que en paz descanse ...
Don Carlos Carabajal
1929.9.12 - 2006.8.24




またひとつ巨星が墜ちた。
8月25日、Michio Sega から、「Fabio Carabajal からメールがあった。『今日24日(日本では25日)、カルロス・カラバハル Carlos Carabajal が亡くなった、数日前から重態だった』 」、との報せが届いた。サンティアーゴの音楽の種を蒔き、牽引し続けてきた偉大な音楽家は、ついに逝ってしまった。
前夜は久しぶりに "Domingo Santiagueño, Desde el Puente Carretero"をビオリンで弾いていた。どちらも Carlos の名作、私の大好きな曲……。偶然とはいえ、熱いものがこみ上げてくる。心から哀悼の祈りを捧げます。(ffuma takao 2006.8.26)

 写真/Que' Ma's Se Puede Pedir Carlos Carabajal  EMI /51/4251711 (1985)

   ※“アルゼンチン・フォルクローレのレコード三昧”<4>に追悼文があります。 >>
   ※ 瀬賀倫夫氏のブログに追悼文があります。 >>


このページは、現在改修中です。


●敬愛する音楽家たち
 
Peteco Carabajal
現代アルゼンチン音楽を代表する素晴らしい音楽家。多数の名曲を世に送り出し、世界中にファンを持つ。
Cuti y Roberto Carabajal サックスやキーボード、シンセ・ドラムを加え、チャカレーラに新風を吹きこんだ。1994年に来日。 Carlos Carabajal
カラバハル音楽一族の中心をなす。彼とその兄弟たちによってサンティアーゴ音楽は脚光を浴びた。ぺテコの父。
Juan Carlos Carabajal
サンティアーゴ・デル・エステーロの音楽的な背景を支える詩人・音楽家・ジャーナリスト。2001年秋に来日。
写真/雑誌SANTIAGO GUITARRA y COPLA(1987--)より director:Juan Carlos Carabajal










 DOMINGO SANTIAGUEÑO
 PHILIPS 6406062 (1978)

1978年、このレコードで初めて「ロス・カラバハル」に出会った。感激の余り、無謀にもバイオリンを購入してしまうのだが、何とかチャカレーラらしきものを弾けたのは、それから10年も経った後のことであった。写真上左からカリ(現ロス・カラバハルを率いる)、ぺテコ、下左からロベルト、クティの若々しい姿。3人は従兄弟同志、クティは彼らの叔父にあたる。




●さらに、紹介しきれないほどの音楽家たちがいて……
 
マンセーロス・サンティアゲーニョス.......の古いレコードとの出会いが、私をサンティアーゴ音楽に目覚めさせた。左端がクティ。
Grandes éxitos de Los Manseros Santiagueños
EPIC 80157 (1982)

チャカレラータ・サンティアゲーニャ .....のフアン・カルロス・グラマホ(中央)の見事な踊りが、チャカレーラの謎を解かせてくれた。
LEVANTANDO POLVAREDA
DBN CDE 80157 (1996?)
シスト・パラベシーノ.......のバイオリンは素晴らしい音色。私の山のバイオリンは彼の足元どころか、影にすり寄ることもできない。
MENSAJE QUICHUA
LAND ECD 56006 (1995)




●フアン・カルロス・カラバハルとエル・レフンテ

Juan Carlos Carabajal
       y El Rejunte

 いつの日か会えるだろうか、その機会が訪れることはないのだろうか……十数年来、幾度も反芻した思いだったのですが、フアン・カルロス・カラバハル氏との対面が、2001年の秋に叶いました。夢のような出来事でした。
 フアンカ氏は詩人・作曲家・ジャーナリストにして教育者で、若い音楽家たちを育てることにも大きな情熱を注いできました。豊かな感性と優しい視点で数々の名作を生み出し、ぺテコ・カラバハルとともに作った「家へ入れよ」は代表作のひとつとして多くの人々に愛されています。若い世代のグループ "El Rejunte"(次男のルーカスがギターを弾いています)とともに現在までに3枚のアルバムを発表されています。このうち1,2点は日本国内でも入手可能だと思いますので、機会がありましたらでひお聴きいただきたいと思います。

★ギタリスト智詠がフアンカ家に滞在する「アルゼンチン・レポート」……。 >>


Juan Carlos Carabajal y El Rejunte
Pedacitos de alma  (2001)
1. Sembremos la chacarera
2. Ojitos de refucilo
3. Solo Dios sabe hasta cuando
4. Ya no vendras
5. Don Sixto de Salavina
6. Espiritu de mi tierra
7. Gatito para mi mama
8. La mesa
9. Guitarra de Salavina
10.Zamba para mi luna
11.Escondido de los bombos
12.Zamba para mi pueblo
13.Dedicatoria
Juan Carlos Carabajal y El Rejunte
Milagro de amistad  (2003)
1. Soñandote despierto
2. Adios que te vaya bien
3. Hoy como ayer
4. Tu corazon verdugo
5. Chacarera para mi voz
6. Nunca pierdas la fe
7. La Yacu Chiri
8. Por tu amor nomas vivo
9. Como abrojo prendido a mi piel
10.Penas campesinas
11.Mi angel guardian
12.Para los ojos mas bellos
13.Por un caprichito
14.Oshiete
Juan Carlos Carabajal y El Rejunte
MEMORIA DEL CORAZON  UTOPIA 310 (2005)
1. Por si no te vuelva a ver
2. Guitarra de pobre
3. Versos olvidados
4. Atamisqui y Salavina
5. Chacarera del Polear
6. Luna Morena
7. Zambita de Quimilli
8. Atamisqueando
9. "Bienhaiga" mi corazón
10.Mi pobre chacarera
11.Sueño volver a mi pueblo
12.Para fundar nuedtro amor
13.Soñando con santiago




次のような関連ページがあります。のぞいてみてください。

◆チャカレーラを踊ろう
◆チャカレーラのアニメ / chacarera en dibujos animados (animation)
◆サンバのアニメ / zamba_en dibujos animados (animation)
◆アルゼンチン ・フォルクローレのレコード三昧

◆チャカレーラ塾