[T]...



    フーマの最新記事 >>










【ドゥオでスタート】

1978年、アルゼンチンの歌が好きな小林隆雄と洋子が、パンチャコヤというサークルでフーマを結成。当時はケーナ・ブーム、まだサンポーニャを演奏する人は非常に少なく、ボンボも入手しにくい時代でした。そんな中で、せっせとサンバを歌っていました。ケーナも結構吹いていましたが……。智詠はまだ誕生していません。

       幻のフォルクローレ愛好会 >>



【智詠カルカス少年期】
智詠がフーマに加わったのは1984年、友人大内慎二・恵津子さんの結婚式に福岡稔・麻由美(故)夫妻と合同演奏。ボリビアのポルカにタキラリをたどたどしいスペイン語で(?、そのころは確か日本語もたどたどしかったです…)歌いました。


1985年、智詠5歳のときに神奈川県松田町のカルカス・コンサートを体験。最前列の少し右よりに座っていましたが、幕が上がったらすぐ目の前にエルメールが! このときからすっかり「カルカス少年」。ラジカセでいつもカルカスの演奏を聞いていました。


智詠のステージ初体験は1987年(7歳)。東出五国さんとフーマの演奏でした。エルメールとウリセスとガストンを全部やってみたい智詠は、初めはボンボと歌、やがてサンポーニャ、そしてケーナ、次はサンポーニャがマルタとサンカとチュリ、最後には打楽器類と……。こうしてすっかり弁慶のようになっていきました。
1985年、智詠5歳のときに神奈川県松田町のカルカス・コンサートを体験。最前列の少し右よりに座っていましたが、幕が上がったらすぐ目の前にエルメールが! このときからすっかり「カルカス少年」。ラジカセでいつもカルカスの演奏を聞いていました。
智詠のステージ初体験は1987年(7歳)。東出五国さんとフーマの演奏でした。エルメールとウリセスとガストンを全部やってみたい智詠は、初めはボンボと歌、やがてサンポーニャ、そしてケーナ、次はサンポーニャがマルタとサンカとチュリ、最後には打楽器類と……。こうしてすっかり弁慶のようになっていきました。

1987年、長唄三味線のお師匠さん杵屋栄敏郎さんのパーティにおよばれしました。福岡稔さんと杵屋さんの計らいで「カルカス」の目の前で演奏。夢のような出会いでした。





(1987)

"限定公開"のため、このリンク
からご覧いただけましたら……



 
【サンティアーゴ・デル・エステーロ期】

1989年、智詠9歳。「ぼくギター弾けるよ」と、スリー・コードでサンバの名曲「アンヘリカ」を弾いてくれました。隆雄のギターを見よう見まねで弾いたのですが、リーダー兼父親としては仰天。そしてこれに隆雄は強く触発され、購入したもののなかなかうまくいかずに10年も放っておいたバイオリンを、再び手にしてみようと決心しました。40歳を目前にした挑戦は、無謀にも大好きなサンティアーゴ・デル・エステーロのチャカレーラでした。
こうしてフーマは、すっかりサンティアーゴ音楽、中でもカラバハル一族の音楽を熱愛するフォルクローレ・グループになりました。


右の写真は上から、福島県川俣における、アルゼンチン・コスキン音楽祭会長ミゲル・アンヘル・サンチェス氏歓迎プログラム。「ロス・デル・セキヤ」「ダンサ・エレンシア」「アクアリオス」と共演させていただいたときのもの(1989)。
次の3枚は埼玉・加須市でのコンサートで、上から「ダンサ・エレンシア」を招いて共演、小林ファミリー3世代4人組、多田行規さん・瀬賀倫夫さんのドゥオ「ロス・デル・セキヤ」と小林智詠の共演、です。
この3枚は翌90年のものです。この年には瀬賀さんのお招きで新潟でのコンサートをやらせていただきました。
振り返ればこの後の数年間は、カラバハルの音楽を中心にした、フーマの最も“濃い時代”だったように思えます。

        瀬賀倫夫氏の“フーマ紹介”のエッセイ >>
 
隆雄はもともと中南米音楽全般に関心がありましたが、特に強い思い入れがあるアルゼンチン音楽では、やってみたいことが三つありました。@4人組のアルゼンチン・コーラス・グループ、Aチャカレーラやサンバが踊れる楽団、そして、Bモダン・ハーモニーのコーラス・グループ、でした。

先の二つは、なんとか実現することができました。
4人組=ギター3台にボンボ、コーラスのスタイルは、ロス・トゥク・トゥクやチャルチャレーロスのようなわけにはいきませんでしたが、姑も(強引に)引き込んで老若男女4人で演唱しました。
楽団は、ダンサ・エレンシアやエパ=長野太郎さん・塚田美紀さんのお二人と共演することができ、また、地元でチャカレーラやサンバを踊るプログラムを仕掛けたりしました。

Bの、グルーポ・ボーカル・アルヘンティーノやアンダリエゴスのようなモダン・ハーモニーのコーラスは、さすがに歌の力量が及ばず、また同好の士を見つけるのもほとんど不可能なため、このまま夢で終わってしまうでしょう。


          (フーマの動画/1988〜) 


ほんのいっときでしたが、智詠のチャランゴでアルゼンチン・フォルクローレだけでなく、タンゴやフラメンコの曲を演奏したこともありました。智詠はこの後、大学に入る頃から本格的にフラメンコにのめり込み、やがてプロのギタリスト(スパニッシュ・ギター)になりましたが、幼い頃からしじゅう耳にし歌っていた中南米の音楽は、体に染み付いているのではないかと思います。

       ギタリスト智詠のページ >>










2001年に来日したサンティアーゴ・デル・エステーロの音楽家・フアンカ (Juan Carlos Carabajal) と、永年の夢の出会いが奇跡的に実現しました。ミチオ・セガが作ってくれた縁、そして長野太郎さん・塚田美紀さんご夫妻の尽力のおかげでした。

       フアンカ家のレポート >>


  【ほとんどお休み期】








1999年から智詠がギタリストとしてプロ活動を始めたため、フーマは結成時の2人に逆戻り。そこで“中南米音楽 palma(パルマ)” というグループを作り、Akiko(アルパ)、Hiroko(ケーナ他)と一緒に3年ほど活動しました。
フーマは年1、2回の上演があるかないかのほとんどお休み状態だったのですが、2007年9月には智詠の歌とギターで、2人でサンバを、11月には栃木で、智詠と早川純さん(バンドネオン)の演奏でサンバ、チャカレーラ、ウエジャを踊ることができました。(チャカレーラやサンバが踊れる楽団をやろうと思ってはいましたが、まさか自分たちが人前で踊ってしまうことになるとは……)
(この間は「チャカレーラ塾」 >> というものをやっておりました……)

(2009)


フーマのページ    1    2    3    4    5    6    7    8 

“行きたいページへすぐ行ける”サイト・マップ >> home >>